会長挨拶 Chairman greeting

2017〜18年度 
松戸北ロータリークラブ会長就任挨拶

2017-18年度の会長に就任する事になりました。入会年度は、2008年で9年目になります。

幹事には、大川高明さんにお願いをし、快く承諾を頂きました。
この重責を皆様との縁(えにし)を感じながら努めてまいる所存です。何事も善意に捉え素直な私ですので、間違った方向に行くようでしたらロータリーの友情で方向修正をお願いしたいと思います。
こんな人間ですが1年間の時間を共有いただけます様、お願い申し上げます。


2017-18のRI会長「イアンH.S.ライズリー氏」が掲げるテーマは「変化をもたらすロータリー」です。さまざまな考え方や経験を持つ会員がいれば、クラブに新鮮なアイディアがもたらされ、地域のニーズを幅広い角度から理解できます。クラブが地元や世界に変化をもたらすには、会員の積極的な参加を促し、そのスキルと関心を生かし、会員の声をクラブに反映させていく事が大切だと言われています。
「変化をもたらすロータリー」を実践するために、当クラブでは例会を楽しくし会員の「考え方や職業」等を今一度理解しあい、実行できるよう努力します。

2017-18年度「第2790地区」寺島哲生ガバナーは「理念と実践~Think Next~」を提唱しています。
理念を啓蒙し、理念を共有する会員の輪を拡大する為の手段として、身体的奉仕や金銭的奉仕の実践を求めています。 松戸北ロータリークラブとして何が出来るのか皆さんと共に考えていきたいと思います。

今年度の活動指針としまして
1)職業倫理を中心に奉仕の理念を掲げ、会員がロ-タリアンに成って良かったと思うクラブ活動から   奉仕の実践につなげ、会員が更なる帰属意識をたかめて活動できるよう努力します。

2)当クラブとして新たな奉仕活動にチャレンジする為の情報収集をし戦略計画に繋げて行きます。

3)楽しい例会にするために、綿密なスケジュール管理を行い例会に於ける年齢差を超えた楽しい例会   を心がけます。

4)継続事業として良質な会員増強を図るために、全会員の参加型増強活動を心がけます。

当クラブが奉仕活動を実践しやすい環境作りを目指していきたいと思います。まだまだ理解しきれていない事が多いので皆様の意見や注意に耳を傾け運営してまいります。 

皆様の暖かい友情をもって、ご協力をお願い申し上げます。

                                                                       


  平田 洋一